未分類

起業をしないほうがいい人の2つの特徴とか書いてみた

起業しやすい時代になってきました。
それでもまだ
起業について二の足を踏むことがある
それが人間だとお思います。
昔も僕はそうだった高橋邦欣です。
ここでは起業することについて
向いてるとか向いてないとかについて
書いていきたいと思います。

悪いことする奴は起業するな

起業すると
色々と決められる権限が得られるんです。
どういうサービスを
いくらで
どうやって提供するか
などを決められます。
これってすごいことです。
僕らは日々
いろんなサービスに触れていきているわけです。
そのサービス提供者が
みんな悪い奴だったら最悪です。
お肉を売りますと言ってダンボールを混ぜ込んだり
体に優しい食事と言って農薬たっぷりだったら
体をよくします。と言って体が良くならなかったり
サービスというのは
ある一定の約束を守るという形で成り立っています。
その約束を守るも守らないも
実は経営者の一存で決められてしまいます。
だから
起業するのはいいですが
悪い奴はそのまま悪いことができてしまうので
起業しないほうがいいです。
して欲しくないです。

お金がとにかく苦手という人はやめたほうがいい

残念ながらどうしても起業・経営となると
お金が絡みます。
お金から目を背けて運営して行くことは
まあ相当なことがなければ難しいです。
なのでお金がすこぶる苦手で
考えることも
もらうことも
払うことも
とにかくいやだ。
という人は
やめたほうがいいですね。
この辺が守れるなら
起業なんて定義によりますが
簡単にできます。
メルカリで何かを売ることも
Uber Eatsでお食事を届けることも
ブログ書いてアフィリエイトで稼ぐことも
クラウドファンディングでお金を集めることも
十分に起業です。
上記に当てはまらない人は
まずは起業について気軽に考えましょう。
それでもビビっちゃうんですけどね。
ビビってるそこのあなた!
いつまでビビってんだ?
いいからやれ!
ABOUT ME
高橋 邦欣
勢いでオーストラリアに移住中。 ベンチャーに入社し10ヶ月で無理矢理部長をやり 年商10億円を5年で80億円にし その分野で日本一の事業にする。 比例して体重も増える。 全社会議で事業報告をする際に爆笑プレゼンをして怒られる 部下には「仕事はパワポ作りですか?」と怒られる。 年商3000万の経営コンサルティング会社に 共同経営として参加し 開始1ヶ月で月商を8倍にし年商を1.8億円まで引き上げる。 全国6都市で一年間に24期の経営塾を開催し 塾生が(豪州、メキシコ、シンガポール)世界に400名以上 主婦や起業前の会社員から 年商4億を超える経営者や一部上場役員のコーチ・コンサルまで行う 心の限界を破壊して経営の限界を突破してもらう 限界突破する経営塾 塾長 雇われ時代の懲戒処分歴合計3回 三人家族(娘) やりたい事は自由に生きる事