ウケウリコラム

優秀な税理士が語るうまくいく会社の2つの共通点がリーダーシップへのヒントとなる

これは完全にウケウリですがね、
先日ある経営者の友人と
話をしている時に聞いたんです。

優秀な税理士の方に
うまく行く会社の共通点を聞いたら
非常に興味深かったし、
私が気にしている事と同じだったので
書かせていただきます。

1.組織のTOPがとにかく数字に強い

これはもはや当たり前だと思います。

JALを復活させた稲盛和夫さんも
復活のために取り組んだ一つが

「幹部の数字への意識を高める」

だということは有名です。

稲盛さんを激怒させた会議での発言
JALを再生させた「アメーバ経営」(その3)

また、稲森さんは常日頃から
「経営は数字」
と言っていると聞きます。

先日任天堂と業務提携を発表した
DeNAの守安社長も恐ろしいほど
数字に強いことは有名だそうです。

経営会議では鋭い質問を次々に投げかける。「恐ろしいほど数字に強い。事業責任者でさえうろ覚えの細かな数字まで覚えている」とある社員は話す。毎日の通勤時間を経営資料の読み込みに費やして数値を頭にたたき込む。理路整然とした守安の「詰め」を恐れる社員は多い。

マリオが飛び込む大乱闘 任天堂・DeNA提携の深層

私が尊敬する
ザッポスのCEOトニー・シェイも
一見数字的に非合理的な
カスタマーサポートを作った背景にも
実は緻密に計算された数字的根拠が
有るらしいです。

経営はどこまで言っても数字がつきまといます。
ビジョンや夢を語ることも必要ですが、
数字が成り立たなければなにも出来ません。

まずは数字に強くならねば。

2.組織のTOPのために働こうという雰囲気がある

やっぱりココですね。
どうしてもこういう話題に
喜んでしまう私は昭和の人間でしょうか。

昔、ある先輩に言われました。
「上に立つ人に必要なことは、
優秀さではない、慕われることだ。」

と、これ、今になると本当に
重要さに気づきます。

経営は数字ですが、
人間は所詮心です。

この心が上手く動かないと
残念ながら人が動かず、
組織が動きません。

このポイントはほんとうに重要だなと思います。
多くの企業を見てきた税理士さんが
おっしゃるのですから、
この点は外しちゃいけないのでしょう。

みんなで気をつけましょ。

ABOUT ME
高橋 邦欣
勢いでオーストラリアに移住中。 ベンチャーに入社し10ヶ月で無理矢理部長をやり 年商10億円を5年で80億円にし その分野で日本一の事業にする。 比例して体重も増える。 全社会議で事業報告をする際に爆笑プレゼンをして怒られる 部下には「仕事はパワポ作りですか?」と怒られる。 年商3000万の経営コンサルティング会社に 共同経営として参加し 開始1ヶ月で月商を8倍にし年商を1.8億円まで引き上げる。 全国6都市で一年間に24期の経営塾を開催し 塾生が(豪州、メキシコ、シンガポール)世界に400名以上 主婦や起業前の会社員から 年商4億を超える経営者や一部上場役員のコーチ・コンサルまで行う 心の限界を破壊して経営の限界を突破してもらう 限界突破する経営塾 塾長 雇われ時代の懲戒処分歴合計3回 三人家族(娘) やりたい事は自由に生きる事