ウケウリコラム

メンバーが仕事において覚悟しておかなければいけない7つのこと

http://www.imcreator.com/

私は社会人経験が
もうすぐ13年ぐらいになりますが
やっぱりどの環境でどんな仕事をしても
共通することがありまして

特に若いメンバーの方々には
早い段階で知っておいてもらったほうが
覚悟してもらったほうが
何かといいかなと思うので
下記に共有しておきます。

1.仕事は成果を出すためのものであってあなたの成長のために仕事があるんじゃない

ちょっと前に
「会社は学校じゃねえ」
なんてブログがバズりましたが、
バズった割には相変わらず
下記のような事を言う方が多いように
見受けられます。

・成長できる会社に入りたい
・御社で成長したい
・御社で学ばせてもらいたい

うーぬ。だからちゃうって。
仕事は成果を出す。
そういうもの。以上。

成果を出すことを求められているから
成長する必要が付加的に出てくる。
出てこない時もあるけど、
出てくるときもある。

それは手段であって、目的じゃない。
なのにそれを目的にしちゃだめ。
※あくまで『仕事』ではの話しね

正直あなたの成長なんて
顧客からしたらどうでもいい事ですから。
最初から完璧なもの出してよ。
となりますから。

ラーメン屋に行って、
ラーメン屋のオヤジが

「修行中ですいません
ちょっと味がうすいかもです。」

っていって許されるか?
許されるわけがない。

仕事は成果を出すもの。

成長なんてして当たり前、
しておいて当たり前、
ほっといても成長する。

だから目的にしないで。

2.働き始めたら十分に準備する時間なんてまずない

まあ全てとは言いませんがね、
仕事しているとよく言われます

「なるはやで」
「今日中にやっといて」
「これ優先できます?」
「緊急で」

なんてね、
その度に思います。
「もう少し余裕をもって早く言ってよ」

まあでも、
そんなもん求めてもまあ難しいですね。

どうしても十分な準備が出来ない状況で
それなりの成果を求められます。

これはね、ある意味しょうがないと
諦めたほうが早いですね。
(諦めるんかい!)

もう、短時間でも求められた
成果を出せるように自分で
準備しておくしか無いです。

仕事を依頼してきた方に
もっと早く出してもらうことを
依頼することも大事ですが、
なかなか思い通りには行きません

早い段階で
「やるしかない」
と覚悟してとりかかったほうがいいです。

完璧な準備が出来る仕事
そんなに多くないと思います。

一人で会社やってれば
なんとかなるかもね。

いや、そういう状況ほど
言ってる場合ちゃうかもね。

3.完璧なマニュアルなんてまずない

新しい仕事をするときに
やっぱりマニュアルというものが
欲しくなりますね。

マニュアルというものは
本当に価値が高くて
それを見るだけである程度の
仕事が出来るようになります。

昨日まで新人だった人が
マニュアルのお陰で
すぐに戦力になったりします。

が、
なかなかこのマニュアルというものを
用意するのにはエネルギーが必要です。

先輩も作りたいと思っているんです。
決して後輩の邪魔をしたいわけでも
ないんです。
先輩も後輩のために
マニュアル作りたいんです。

が、時間がなくて
作ってる暇ないんです。

だから、

「なんとか見て覚えて」
「わからなかったら聞いて」

となってしまう。
マニュアルがなくても
なんとか喰らいつく。
そんな覚悟を早い段階でしておいてください。

4.満足いく給与がもらえることはまずない

いやーね。
お金のことで諦めるような
発言もどうかと思いますがね

やっぱり報酬って難しいです。
いっぱい貰えば貰ったで
「いやいや、もっと貰えるはずでしょ」
「もっと貰ってもおかしくない」
となるんですよ。

お金って不思議でね。

だから常に満足する給与なんて
僕は少ないと思います。

やっぱり

仕事>報酬

となってしまいます。
なんででしょうね。

だから早いとこ覚悟しましょ

「俺は常に報酬以上の仕事をする!」

と、そのほうが早いですから。
当たり前のように
報酬以上の仕事しちゃいましょ。

決めましょ。

5.人生の教訓を教えてくれる先輩なんて待っててもいやしない

これね
何が言いたいかというと
いい先輩なんていないよ。

って言いたいんじゃないんです。

普通そうに見えるその先輩も
ほじくれば人生の教訓になるような
ものをいくらでも持っている。

って言いたいんです。

だから、
表面だけ見て
なにもしないで
待ってても
師匠となるようなひとは
出てきませんぜ。と。

自分からどんどん行きなさいよと。
「先輩が微妙で。。。」
そう言っちゃってるあなたは
本当に先輩の深い所まで
突っ込んだこと有るんですか?と。

(まあ、でも、突っ込んでも、
何も出てこない人もいるかもです。)

6.一生を共にするような仲間は黙ってても作れない

これも同じ
あなたが一緒に働くメンバーに
火をつけるんです。

仲間は同じ何かを
一緒に目指し作り上げた
間柄で出来てきます。

部活をしていたころ
分かりやすいものを
追いかけていたから出来た

社会人になったら出来ない
そうじゃない。

あの頃みたいに
必死にあなたは追いかけていますか?
仕事楽しんでますか?

あなたが熱くならなければ
仲間なんて簡単にはできまへん。

※なんか熱いこと語る記事だな。。。

7.何もかも納得できる会社なんて少ない

もちろんね
いい会社もあります。

どこかに完璧に納得できる
会社があるかもしれません。

無いとはいいません。
でも少ない。

それを求めていく行為も重要です。
が、今の環境がそうじゃないことも
多いです。

ではどうするか。
うーぬ。答えに迷うが。

まあ、出来る限りやっていくことでしょうね
それでもどうしても合わなければ
それはそれで会社を変えればいい

でもなかなか少ない気がします。
だから、これも
そういうもんだとして覚悟して

出来る限り自分の
理想に近づけるべく
動く。

もちろんそれだけでは上手くいかないことも
ありますが

それでも
ここを先に覚悟したほうが
いい動き出来ます。

僕はそう思う。

以上です。

ちょっと今回は熱くなりすぎたかな
正直偏った意見が多いかもです。

まあ、そういう言い方する人もいるよね
でもそうじゃないこともあるよね。
といった視点で見て頂いて
使えそうなら「そういうもんか」と
使ってみてください。

最後に全く逆のこと言いますね

「環境も人も会社も選べますから
自分に合うように
納得行くように選びましょ。
どこかに上記に当てはまらない
環境がありますから。」

ABOUT ME
高橋 邦欣
勢いでオーストラリアに移住中。 ベンチャーに入社し10ヶ月で無理矢理部長をやり 年商10億円を5年で80億円にし その分野で日本一の事業にする。 比例して体重も増える。 全社会議で事業報告をする際に爆笑プレゼンをして怒られる 部下には「仕事はパワポ作りですか?」と怒られる。 年商3000万の経営コンサルティング会社に 共同経営として参加し 開始1ヶ月で月商を8倍にし年商を1.8億円まで引き上げる。 全国6都市で一年間に24期の経営塾を開催し 塾生が(豪州、メキシコ、シンガポール)世界に400名以上 主婦や起業前の会社員から 年商4億を超える経営者や一部上場役員のコーチ・コンサルまで行う 心の限界を破壊して経営の限界を突破してもらう 限界突破する経営塾 塾長 雇われ時代の懲戒処分歴合計3回 三人家族(娘) やりたい事は自由に生きる事